eda01_web

NEWS 2019 2/28

この度、3月16日より4月13日まで、味岡伸太郎展「枝と枝の間」を開催します。 3月16日(土)17時より味岡伸太郎と櫻井拓によるトークショウを行います。(要予約・無料)

 

櫻井 拓 

編集者。1984年宮城県生まれ、京都府在住。アートの分野を中心に、作品集や展覧会カタログ、書籍などの印刷物を編集。最近の仕事に、瀬尾夏美『あわいゆくころ――陸前高田、震災後を生きる』(晶文社、2019年)、『ゴードン・マッタ゠クラーク展』(東京国立近代美術館、2018年)、『引込線2017』(引込線実行委員会、2018年)、『池内晶子|Akiko Ikeuchi』 (gallery21yo- j、2017年)など。近刊に、福士朋子✕北澤憲昭✕櫻井拓『絵画と時間と――『お絵描き少女☆ラッキーちゃん』をめぐって』(BLUE ART、2019年3月)。

eda04_web和紙・木炭 72×104.5cm  2018

 味岡の作家としてのスタートとも言える「書」。それはその後に続く「土」による作品へも深く繋がっています。味岡がこだわる線を引く行為、ドローイングとしての「書」、また文字に対する考えを突き詰めたベクトルの結果としての軌跡。今回は画面の上に無作為に置いた枝と枝の空間に、木炭に依って自在に味岡流の筆跡が現れています。

 この展覧会は昨年の11月に豊橋のギャラリーサンセリテにて同タイトルの展覧会で発表された作品で構成されます。ギャラリーサンセリテの広々とした空間とは違い、限られたスペースの中でじっくりと鑑賞して頂けると思います。是非この機会に味岡ならではの「書」、ドローイングををご高覧下さい。

eda02_webeda03_web和紙・木炭 104.5×72cm  2018