2018 08/04

熊倉涼子 個展「Pseudomer」を8月25日より開催致します。

 2016年に開催した「PICTOMANCY 」より2年の歳月を経て、新たに加わったモチーフ「人類が世界を解明するなかで一度は生まれ、科学が発達する中で忘れられていった「似非(pseudo)のかたち」による静物画の新作展です。ぜひご高覧ください。

The Earth   Oil on canvas / 45.5×37.9cm / 2018

The Earth     Oil on canvas / 45.5×37.9cm / 2018

 熊倉涼子の静物画の制作は、モチーフとなる物体を「作る」「組む」「撮影する」ことからスタートします。

 何度も練り直していくうちに、制作前に集めた図版から得た形態、そのイメージの持つ意味に対する「ずれ」や「ねじれ」といったエラーを発生するのですが、あえてその都度修正されることなく組み続けられます。

そしていくつものフィルター(作家の観点や手跡による)によって、オリジナルの形態や意味からどんどんかけ離れていき、最終的には似て非なるものになりますが、それは熊倉自身にとって「劣化コピー」というより「伝言ゲーム(時間の経過を含む)」に近いのだそうです。

 このような制作プロセスは、見たままをそのまま忠実に描いたつもりでも、写真とは別の世界が出来上がる「写実的に描くこと」への根源的な問いかけや新たな気づきもたらします。

今回モチーフとして新たに取り上げるのは、宇宙や地球、信仰にまつわる、古代の人々がこの世界について思い描いては更新を繰り返してきたかたちです。これらは彼らが実際に目にした事象と想像が混ざり合ったもので、事実とは似て非なる「似非(pseudo)のかたち」と言えます。

 前回までに取り上げた『ぬいぐるみ』は、熊倉の画面の中で、実際の生き物より生々しく描かれました。生き物ではないはずのぬいぐるみが「艶めかしい」あるいは「死んだような」印象を鑑賞者にもたらしました。

 本展「Pseudomer」で取り上げる「似非のかたち」が、熊倉の小宇宙(モチーフ台)で何度も組み上げられるプロセスで生じた「ずれ」や「ねじれ」をも忠実に描かれることでもたらされる、本物よりもリアルな真実味や、未開の新しい概念の発見をご期待ください。

Still Life with Reproductions of Portraits  Oil on canvas / 40.9×31.8cm (F6) /  2018

Still Life with Reproductions of Portraits     Oil on canvas / 40.9×31.8cm (F6) / 2018

 

熊倉 涼子 Ryoko Kumakura

 1991  東京都生まれ

2014  多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業

 

〈受賞歴〉

2017  FACE 2017 損保ジャパン日本興亜美術賞 入選

2014  多摩美術大学卒業制作展 福沢一郎賞

2013  平成25 年度 日本文化藝術財団奨学生

2011  第47 回神奈川県美術賞 準大賞受賞

 

 〈個展〉

2016  「PICTOMANCY」 RED AND BLUE GALLERY、東京

2013  「Frame In-out」 ギャラリーKINGYO、東京

 

 〈グループ展〉

2018  「DI-VISION/0」 熊倉涼子・永井天陽 二人展 TAV GALLERY、東京

  「ANOTHER LENS 新たな視点」 熊倉涼子・白井里実 二人展 JR上野駅 Breakステーションギャラリー、東京

2017  「密柑山スケッチブック」 (リトグラフ展) See Saw Gallery + hibit、名古屋

  「そ」 ( 日本文化藝術財団奨学生展) 京都造形芸術大学・東北芸術工科大学外苑キャンパス、東京

2016   「吉原芸術大サービス2016」 旧吉原地区、東京

2015   「シブヤスタイル vol.9」 西武渋谷店美術画廊、東京

  「シブカル祭。 2015」 パルコミュージアム、東京

  「ART OSAKA 2015」 ホテルグランヴィア大阪、大阪

  「ASIA WEEK NEW YORK」 Bernarducci Meisel Gallery、ニューヨーク

2014   「THE ART FAIR +PLUS -ULTRA 2014 -ULTRA Category-」 スパイラルガーデン、東京

  「PLANET JAM」 MASATAKA CONTEMPORARY、東京

  「吉原芸術大サービス~春一番~」 旧吉原地区、東京

  「That I shall say good night till it be morrow.」 新宿眼科画廊、東京

 

 〈アートフェア〉

2018  「ART NAGOYA 2018」 ウェスティンナゴヤキャッスル、名古屋

2017  「ART NAGOYA 2017」 ウェスティンナゴヤキャッスル、名古屋

2015  「ART OSAKA 2015」 ホテルグランヴィア大阪、大阪

2014  「THE ART FAIR + PLUS-ULTRA – ULTRA Category-」 スパイラルガーデン、東京

 

 〈その他イベント〉

2017  和光大学クリエイティブ特別講義

2016  個展関連トーク 林道郎(美術史家/上智大学教授) × 飯盛希(批評家)

2018 02/24

 この度、RED AND BLUE GALLERYでは、榎本文夫 展「108本の枝」を3月9日(金)から24日(土)まで開催します。榎本文夫はこれまで主に商業施設やエキシビジョン空間のスペースデザインや家具や照明器具のプロダクトデザインを数多く手がけてきました。また近年は国産のタケ集成材を使った家具の開発をきっかけに環境問題に関心を持ち、その後東北のスギを使った家具の開発の仕事を通して日本の林業の現状を知り森林の未利用材の有効活用にも興味が広がり、現在は国内の林地残材の利活用や手づくりによるものづくりを研究しています。
 今回の展覧会では榎本の日本の森林問題への探究心を投影しながらも、曰く「きづくりてづくりものづくり」をコンセプトに、身近に落ちている枝を自然の造形を生かしながらナイフ状に削ったものを108本並べます。ぜひご高覧ください。
<作家略歴>
1957年   東京生まれ
1979年   東京造形大学造形学部卒
1980年   クラマタデザイン事務所勤務
1986年〜    榎本文夫アトリエ設立
2002年〜 駒沢女子大学人文学部教授
榎本文夫アトリエのホームページはこちらからどうぞ。
eda2_webeda3_web

2018 01/11

今年もアートナゴヤに出展します。

今回はHee-Jeong Jangのスーパーリアルでコンセプチュアルな作品群を主に、昨年好評を得た熊倉凉子の油彩作品と辰野登恵子の版画作品を展示します。

お近くにお寄りの際は是非お立ち寄り下さい。

御招待券をご希望の方はご連絡お待ちしております。

http://www.artnagoya.jp

logo時間なし

 

HeeJJ_web

Hee-Jeong Jang   Between White and Black  40x40cm Mixed Media on Canvas 2017

kumakura2018

                 Ryoko Kumakura  Still Life with Cut and Pasted Dog, Stars, Chain, and Table  72.7×60.6cm(F20)
                 Oil on canvas 2017

AIWIP-22

Toeko Tatsuno  AIWIP-22  79.5×60.7cm Lithograph on Paper 2012

2017 10/30

 この度、RED AND BLUE GALLERYでは味岡伸太郎展「富士山麓20景之内五」を11月10日(金)から開催します。今回の展覧会は味岡が富士山麓1合目付近20カ所から採取した土をつかった大判のドローイング20点の内15点を豊橋のギャラリーサンセリテ(会期11/3-26)、内5点を弊ギャラリーの2会場で展示します。

  長年にわたり味岡は採取した土に木工用ボンドを混ぜ綿布に定着させて「絵画」として発表してきました。昨年の「あいちトリエンナーレ2016」では「峠へ」と題し、愛知県と接する静岡、長野、岐阜、三重との県境70カ所の断層部分から採取した土による作品を発表し、壮大で豊かな土の世界を示しました。今回の採取地である富士山麓は、27年前に味岡にとって土に関わる事になったゆかりの地であり、また味岡が住む豊橋と東京の中間点としての象徴的な場所です。

  東京では久々となる味岡伸太郎展をぜひこの機会にご高覧くださいますようよろしくお願い申し上げます。

富士山麓20景

印野

  富士山麓20景之内 印野 (綿布・土 178×152cm 2017)

印野採取地

 

2017年の熱い夏が始まった。土との関係が始まったのも、1990年の熱い夏だった。

「富士山麓・上九一色村(現、南都留郡富士河口湖町)豊茂。その牧草地の草を剥ぎ、20m×6mの土を露出する。その中に60cm×17m深さ1mの溝を掘る。掘り出した土をふるいにかけ、石をサイズごとに選別して山にする。自然の大きさと強さと量に、うっかりするとくじけてしまう単調で体にこたえる時間が果てしなく続いた後に、土や石のサイズが違う5つの山が残った。我々が毎日足にする大地の見えない姿を教え、自我を捨て自然の在り方に身をまかせ、ひたすら行為することで自づと導かれる姿を確認する作業である。行為の終了した翌日の未明、富士の裾野から昇る日の出を受け、刻々変わる富士の色をバックにたたずむ、富士の火山灰や溶岩で出来上がった5つの山。これも、まぎれもなく富士の一つの姿であった。(富士山麓地質調査/1990年8月25日)」

 あれから、すでに27年。土との関係も深まり、再び、富士山麓に土を求めた。今回のプランは富士を右に見て一周、露出した地層から、一地区、天地左右、約45cmピッチで3行3列、計9種の土を採取し、約160x180cmの綿布にドローイングする。

 東京と愛知県豊橋市で同時に発表する。その中間点の象徴的な場所として、富士を選ぶことに時間は必要なかった。おおよそ山麓の一合目を目安に一周し、工事や自然の崩落、浸蝕で露出した地層を探して採取する。

 27年前の豊茂にも再び訪れた。辺り一面牧草地で土は露出していない。富士の一合目は牧草地も山林も皆富士に向かってなだらかな傾斜地である。土の採取出来るところはほとんどない。それは、自然がのこり、破壊が進んでいないということでもあり、古くに開け安定した土地ということでもある。

 なんとか、豊茂でも採取した。その他、20地点で採取することができた。富士山の周辺は、当然とはいえ、富士の噴出物が堆積したものである。その多くは濃い茶色から黒である、色の変化は少ない。そのことは、27年前の「富士山麓地質調査」の経験で分かっていた。その通りの土が採取された。

 地層を選ぶことはない。採取可能な地層があれば、迷わず採取する。色彩は描くことによって生まれ、実体を持つものである。実体を持つ色が大地に広がっているのではない。土そのものの色調が豊かならば、目はそちらを見がちである。しかし、その変化が些少であれば、かえって目は描く行為に向かうだろう。

 20地点で20作品。内、東京に近い地点で採取した土による5点が東京、残り15点を愛知県豊橋市で展示する。土を求めて彷徨った五日間、右手に見えるはずの富士は一度も姿をみせなかった。これから始まるドローイングの日々は、私もこの夏、初めて見る豊かな富士となるだろう。

(富士山麓20景/2017年8月6日)

 

味岡伸太郎プロフィール

1949 / 愛知県豊橋市生まれ 「美術に係わることでデザインが大衆に迎合しない。デザインに係わることで美術が社会との接点を見失わずにすむ。 美術とデザインが造る山の稜線上を歩け。どちらへ足をとられても谷に落ちる」画家・山口長男からなげかけられた言葉 が活動の基準になっている。 現在は精神的にも、物質的にも自然を主題にした美術と、タイプフェイス・タイポグラ フィを主にしたグラフィックデザイン。建築のデザイン等を並行して続けている。

【主な個展】

1972 / 1977 / 紅の木画廊、豊橋

1979 / 1981 / ギャラリーL、豊橋

1980 / かねこ・あーとギャラリー、東京

1982 / 座北島、豊橋

1983 / 鎌倉画廊、東京

1986 / 1987 / 1994 / 2000 / 双ギャラリー、東京・吉祥寺

1989 / 西武百貨店、豊橋

1990 / 1992 / 1993 / 1994 / 1995 / 1996 / 1997 / 1998 / 1999 / 2000 / 2001/ 2002/ 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / ギャラリーサンセリテ、豊橋

1992 / 1996 / Galerie Tiller、ウィーン

1993 / 1994 / 1995 / NICAF YOKOHAMA / パシフィコ横浜、横浜

1997 / NICAF / 東京ビックサイト東京国際展示場、東京

1999 / NICAF / 東京国際フォーラム、東京

1994 / アートフェラーナ、浜松

1995 / INDEX GALLERY、大阪

1995 / 2001 / GALLERY APA、名古屋

1999 / 2002 / GALLERY HIRAWATA、藤沢

2000 / 夢創館、神戸 2000 / TAKADA Gallery、San Francisco

2001 / 2003 / ギャラリーなうふ、岐阜

2004 / アートフォルム佐鳴湖VIEW、浜松2014 /

ギャラリー入船、豊橋

【その他のグループ展、アートフェアなど】

1975 / 1976 / 1977 / 墨人展(書) / 京都市美術館

1978 / 等迦会展 /瑛九賞 / 東京都美術館

1979 / 現代日本美術展 / 東京都美術館・京都市美術館

1982 / 舞「神座」 演出・舞台衣装 座北島、豊橋 / 中田島砂丘 / 西武 City8、浜松

1982 / 日独芸術交流展 PERFORMANCE「目と耳と口」 / 西武 City8、浜松

1988 / 色・形・音をめぐっての三週間 / 双ギャラリー、東京

1990 / WAVE OF ENERGY / 富士山麓、山梨県上九一色村

1991 / 「無冠の表現回路 エコロジーアートへ」展 / 名古屋電気文化会館 COLOR SAMPLE 採集地:豊橋/高塚海岸~嵩山町

1991 / 1992 / 「自然との対話・自己との対話」 / 稲沢市荻須記念美術館

1992 / 二つのモニュメントのプロジェクトと新作展 / ギャラリーサンセリテ、豊橋

1992 / モニュメント / 愛知県立豊橋西高等学校

1993 / インスタレーション / 豊橋市立吉田方中学校、豊橋

1993 / インスタレーション / 茨城県岩間町岩間分校跡、茨城県岩間町

1994 / コラボレーション(多田正美) / ギャラリーサンセリテ、豊橋

1995 / 日本現代美術作家7人展 ブルガリア国立聖キルリ&メトディ美術館、ブルガリア・ソフィア

1995 / SOH 10周年展・連鎖・SIX ARTISTS“連環” / 双ギャラリー、東京

1996 / 現代日本のアート7つの点 ハンガリー国立民族博物館、ブダペスト日墺現代美術作家交流展 ニーダーエースストライヒ モダンアートドキュメント センター オーストリア・ザンクト ペルテン

1997 / 表出する大地展 / 広島市現代美術館、広島

1998 / 国島征二・味岡伸太郎展 / 美浜の家、愛知・美浜

1998 / 「日本画」純粋と越境・90年代の視点から / 練馬区立美術館、東京

2000 / 市制50周年記念 アートでたんけん!絵画の世界へ 刈谷市美術館、愛知・刈谷市

2003 / NATURE WONDERLAND 2003 / 愛知こどもの国、 愛知・幡豆町

2004 / アートフォルム佐鳴湖VIEW エントランス、浜松

2005 / 双ギャラリー20周年連続展 / 双ギャラリー、東京

2009 / Shanghai New Ink Painting Art Exhibition / 多倫現代美術館、上海

2010 / 双ギャラリー25周年記念展 / 双ギャラリー、東京

2012 / あいちトリエンナーレ地域展開事業「現代美術展inとよはし」豊橋市美術博物館、豊橋 土祭 / 栃木県益子町石蔵 現代美術展ART田ノ嶋39 / 愛知・新城田ノ嶋、ギャラリーサンセリテ・豊橋、双ギャラリー・東京、アートフォルム田町サロン・浜松

2014 / インスタレーション〈「穹」愛知ノートバージョン〉 / 愛知・新城田ノ嶋

2015 / 愛知ノート -土・陶・風土・記憶- / 愛知県陶磁美術館、愛知県瀬戸市

2016 / あいちトリエンナーレ2016 / 愛知県美術館

2017 / ワークショップ「陶磁の魅力丸ごと体験事業「土の色発見・楽焼作りと茶会体験 土・色・茶の湯」

収蔵 豊橋市美術博物館

 

2017 09/20

この度、RED AND BLUE GALLERY では日本では初めての展覧会となる韓国人作家 チャン・ヒジョンの個展、「A White Lie」を10月11日より開催致します。彼女は、韓国とアメリカにて美術を学んだのち、国内外での様々な活動(個展、グループ展、アートフェアなど)を展開しながら、韓国国内の美術大学などで次世代のアーティスト育成にも携わっております。数年前より韓国で人気上昇中の、写真と絵画の組み合わせてミクストリアリティーな現代を表現した本シリーズを、この機会にぜひご高覧ください。

HeeJJ_011Arrangement White, gray, pink   Mixed media on canvas 50×42.5cm 2017

 【作家ステイトメント】

 私の作品は、写真と絵が交ざっています。花の絵の場合は、まず花の写真をキャンバスにプリントし、その上から半分のみ油絵の具でなぞるようにして、この作品が写真なのか絵なのか分からないように、質感の差による紛わしさをあえて感じられるようにしています。この作品を遠くから観ると一般的な花の絵のように見えますが、近づいて観ると、実写と絵画の合成だということが分かるようになっています。写真の上に描いた油絵は、完璧な錯覚で観る人の目を混乱させ、実像と虚像の境界で揺らぎながら、バランスを取っていることを表現したいと思いました。私は大きいサイズの花の絵を描きたいと考えた時、ジョージア・オキーフの百合の花の絵が頭に浮かびました。彼女は、観る人は大きな花の絵を観賞する時、絵に近づいて観るため、花を拡大して描いたと言いました。私も同じ考えでしたが、彼女と少し違ったのは、観る人が花の絵に近づいて観ると、全体の形を一目に把握するのではなく、まるでデザイン作品を観るように一部分の色の組み合わせだけを観るのではないかということでした。

 ジェームズ・アボット・マクニール・ホイッスラーの「灰色と黒のアレンジメント-母の肖像」は、誰が観ても白い壁を背景としていて、黒のドレスを着ている女性の全身を実写的に描いた肖像画ですが、作品のタイトルによって、平凡な油絵がまるでデザインの色の組み合わせかのように見るものを考えさせ、絵画の伝統性を否定していることを、逆接的に見せています。私がホイッスラーの作品のタイトルから感じたことは、絵という物は、ただの彩りの塊だということ、本人の花の作品の数々は、花は主人公ではなく、単なる絵の具という材料と彩りだという考え方で、花のシリーズの制作をするようになりました。

 本の絵も花の絵と技法が同じです。主に、白い布切れや本の断面のように繊細な味が出る部分はそのまま残し、なめらかな質感が感じられる白磁や本の表紙などは、油絵の具で2〜3回なぞって描きました。カラフルな有名作家の画集と、シンプルな白磁は、それぞれ西洋と東洋を表現しているオブジェとして考えています。二つの相反するオブジェから感じられる二面性を、色の組み合わせという観点で解析した作品です。

 本の作品の中には、世界的なベストセラーの作家である村上春樹さんの本が素材として登場している絵もあります。人々は、彼の読みやすい小説をあまりにも大衆的だと過小評価している傾向があるかも知れません。しかし、このような点が、彼の作品はフィクションだが、彼の作品の中に本当の世界があるのではないだろうかと考えさせているのではないでしょうか。私もこのように、極めて平凡であるにもかかわらず、その中にある二面性を自分の絵に応用したいと思っています。

 私の作品は、実際に描いた部分と描いていない部分が区別されておらず、一つの絵ではありますが、実像と虚像の境界が曖昧になっています。このような二面性がファインアートと商業デザイン、東洋と西洋、現実と超現実などを代弁し、私たちが住んでいる世の中は、本物と偽物が混合していることが伝われば幸いです。

betweenwhiteandblue

Between White and Blue    Mixed media on canvas 65×50cm 2016

 【主な個展】

2015年  Perfect Lying, Yoomijae Art Park, YangPyong

2012年  Romantic Fake, KAIST supex hall, Seoul

2008年  Perfect Lying, Gallery Jant, Bundang

2007年  There is a Pop Art in the Eastern painting, gallery doll, Seoul

2006年  Flower, Print & Paint, gallery doll, Seoul

2005年  Mai Gallery, Mai Medical Center, llsan  (Sponsored by Gyeonggi Cultural Foundation)

2005年  Seo 1st Young Artist, Seo Gallery, Seoul

2004年  Ewha Woman’s Uni Leadership Center, Seoul

2004年  ilmin Museum of Art Cafe imA, Seoul

2003年  Manif 9!03, Seoul Arts Center, Seoul

2001年  Repeatable, Ssamzie Space, Seoul

2001年  3th Solo Exhibition, Hello Art gallery, Seoul

1997年  2th Solo Exhibition, Insa gallery, Seoul

1996年  1th Solo Exhibition, Catch 22 gallery, New York

 【その他 グループ展、アートフェアなど】

2017年  Spring is holding Flowers Gallery SeoJong, Yang

2017年  K2 Art Project, K2 CS Center, Seoul

2017年  2016 35th Korea Galleries Art Fair, Coex, Seoul

2017年  New Year, Gallery SeoJong, Yang Pyong

2016年  Small work, Gallery Joeun, Seoul

2016年  Christmas small works, Far beyond Gallery, Seoul

2016年  The 15th Korea International Art Fair(KIAF), seoul

2016年  Affordable Art Fair, The Metropolitan Pavilion, New York

2016年  Behind The Image, DogokstarPBcenter, Seoul

2015年  The 14th Korea International Art Fair(KIAF), seoul

2015年  Asia Hotel Art Fair, Marco Polo Hotel, Hong Kong

2014年  The 13th Korea International Art Fair, seoul

2014年  Contemporary art fair, Hotel seoul Ulsan, Ulsan

2014年  Interpret, Far Beyondgallery, Seoul

2013年  Between Mirrors, Ewha Art center, Seoul

2013年  WHITE SALE with sovereign, SeoulAuction, Seoul

【パブリックコレクション】

ssamzie(ソウル 韓国)

Indian Head Foreigner School(ソウル 韓国)

Capital one Group(アメリカ合衆国)

Mai medicine art & innovation(ソウル 韓国)

Seo Gallery(ソウル 韓国)

Seoul Auction(ソウル 韓国)

Morrison&Foerster LLP-Law Firm in U.S.A(サンディエゴ アメリカ合衆国)

ZEPHYROS Golf Club(済州島 韓国)

Korea Bond Pricing& Korea Ratings Co. (ソウル 韓国)

MANAS Art Center (楊平郡 韓国)

KAIST Business School (ソウル 韓国)

Kim Chan Hospital (水原市 韓国)