2020 - NEWS

12/04

只今開催中の松下誠子展「家の舌」では、RED AND BLUE GALLERYにて同作家の過去に開催した2017年「革命前夜」、2018年「革命前夜2-風景が変わるとき」において製作されたとても印象に残る作家のアイコンともいえる展示物を新たに写真作品として販売しています。

 

 「起源を消して 」             「革命前夜2 」

起源を消して革命前夜2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2点ともイメージサイズ280×400mm、C-プリント、クリスタル仕上げ。エディション10。

シートのみ¥50,000、額装共¥65,000+Tax

この機会にぜひコレクションをご検討ください。

11/12

2017年「革命前夜」、2018年「革命前夜2〜風景が変わるとき」に引き続き、コロナ禍の2020年を締め括る「家の舌」と銘打った松下誠子展を開催します。

今回は作家が撮影した数十点の写真によるインスタレーション、またその被写体となった実物のオブジェを所狭しとギャラリー空間に配置する計画です。それらは黒い毛皮で覆われた立方体(家)であり、巨大なボクシンググローブや砕けたガラスのハイヒール、無数の赤い糸が垂れ滴るパラフィン製のドレスなどなど・・・松下誠子のポストコロナを予感させる心象風景をぜひご体験ください。

家の舌化粧

家の舌

わたしたちは群居本能に駆り立てられて、群れをつくって生活することを好み、生得的なモジュールをつくり出している。

家は、それぞれに特異な構造と法則を生み出し内包している。

生息するための物質と自分との関係は絶えずゆらぎ、更に物質を越えてあらゆる欲が過剰に膨らんだり減少したりして、執着、羨望、権力などの多重的な歪みが少しずつ生じながら、日常性という謎を抱えることになる。

 家を構成するものが、ひとりで矮小であっても大多数で壮大であっても、どちらも儚い生の群れであり、そして家がまるで独自の舌を出しているかのようである。舌は他者を招き入れることも押し出すことも出来る。長い舌を使って不可侵の境界線をつくり、隠蔽を企てたなら、密室性は高まっていく。

「生きる部屋」があって水と光がある。その頭上には「死の部屋」がぶら下がっている。

「沈黙の部屋」には封印された詩があり、床下には「暴力の部屋」が沈んでいる。

「鏡の部屋」は真実で溢れているのに、その破片さえ見ることが難しい。

 無明の中で生きようと装う行為に光が射す瞬時に、聖なる音に耳をすませて穴を覗く。

 これはミステリーの物語ではない。

 松下誠子

北海道函館市に生まれる(1950) 神奈川県藤沢市在住。 共立女子大学卒業後、佐藤碩夫氏に師事し金工を学ぶ。 個展を中心に立体、油彩、ドローイング、写真、 video work、パフォーマンスを発表。

【個展】

2018 革命前夜2-風景が変わるときー, RED AND BLUE GALLERY /東京

2017 革命前夜, RED AND BLUE GALLERY/東京 Gun-zo, Gallery Hasu no hana /東京

2016 企てる庭, ALELIER・K / 横浜 Security Blanket, パフォーマンス(プロデュース)&インタビュー, ギャラリー・ルデコ/東京

2014 わたしの中の異物-ヴァイオレンス, 東邦画廊/東京 赦される庭, Gallery Hasu no hana /東京

2012 わたしの中の異物, 双ギャラリー/東京

2010 INNER – 彼女は自分の事で忙しい, Soh Gallery K3 /東京

2009 Moter’s Voice, 双ギャラリー/東京

2007 Sisters three, 双ギャラリー/東京

2004 微妙な消息, 双ギャラリー/東京

2002 Security Blanket, パフォーマンス&インタビュー, アート・ポジションズ/マルセイユ

2001 Zone of Retardation, ギャラリー・モニカプレス/ドイツ Security Blanket, パフォーマンス&インタビュー, ケルンアルトシュタッド/ドイツ

2000 Self Portraits, アンザイアート・オフィス/東京

1999 ガレリアキマイラ/東京

1998 遅滞, ギャラリー・クラマー/東京 Security Blanket, パフォーマンス&インタビュー, ギャラリー・ルデコ/東京

1997 微妙な消息, ギャラリー・ルデコ/東京 球に向かう瞬間の中有, インフォミューズ/東京

1996 Body Packing, インフォミューズ/東京

1994 Coupling, タニシマギャラリー/東京 球に向かう瞬間の中有, ギャラリー日鉱/東京 微笑, ギャリラリーK/東京

1992 インフォミューズ, 東京 1991 球に向かう瞬間の中有、ギャラリー檜/東京

1990 Sympathy、ギャラリー檜/東京

【グループ展】

2019 エゴイメ・コレクティヴ 彼女たちは叫ぶ、ささやく-ヴァルネラブルな集合体が世界を変える東京都美術館

2017 本当のことは言わない, HAGISO /東京

2015 HOSPITAL ART, Hasu no hana /東京

2013 秘境を求めて, 洞窟現代/神奈川 五人展, 東邦画廊/東京

2012 ART田ノ島39野外展/豊橋

2010 双ギャラリー25周年記念展Soh Gallery K3 / 東京

2006 Art Full アート湧くはけの森、小金井市立はけの森美術館/東京

2001 Belle de jour /アーヘン Zalzmannbau/デュッセルドルフ 2000 One Minute World Festival

2000 動画/サンパウロ

1999 Zoomo, Stadtische Kunstsammlung Escweiler/エシュバイラー

1998 Tokyo Rooms, ギャラリーアーティクル/ケルン

1996 アートハウス美術館/エルサレム エンハロット美術館/イスラエル

1995 褄恋芸術祭-野外展/褄恋高原

1992 ソウル市文化芸術振興院/ソウル SEISEI, チョンオンギャラリー/釜山 国立療養所久里浜病院現代美術展/神奈川

1991 Growing Form展, 横浜市民ギャラリー/横浜

1990 三人展「胎仁秘抄」トーヨコかなしんギャラリー/横浜 WAI展, 和偉企画/大月

1989 Art Beyond the Limits展, 神奈川県民ギャラリー(1990も)

1984 Art Mus Himenomiya 野外展, drumパフォーマンス/埼玉

【パフォーマンス&インタビュー(performance&interview)】

1984 Art Mus Himenomiya, drumパフォーマンス/埼玉

1998 Security Blanket, パフォーマンス&インタビュー, ギャラリー・ルデコ / 東京

2001 Security Blanket, パフォーマンス&インタビュー / ケルン アルトシュタッド, ドイツ

2002 Security Blanket, パフォーマンス&インタビュー & drawing, アート・ポジションズ / マルセイユ

2016 Security Blanket, パフォーマンス(プロデュース)&インタビュー,ギャラリー・ルデコ/東京

【コラボレーション(collaboration, video works)】

2008 The Koshu Road, video (再編集), Documentary video Go Yayanagi, 東京画廊+BTAP/北京

2000 食祭, video&写真(一条美由紀と), ギャラー・ルデコ/東京 The Koshu Road, video(矢柳剛と), 双ギャラリー/東京

 

08/26

 杉浦光伸(b. 1951)が2001年から取り組んでいるシリーズ作品全20点を初公開します。

作品は全てアクリル絵の具と少量の砂を幾度も塗り重ねて作られている小品ですが、そのサイズにも関わらず一つ一つが圧倒されるほどの質感と鮮烈な色彩を持っています。

RUSH02_web                          RUSH 2020   Acrylic and sand on wooden panel 285×341×85mm

RUSH_back

全作品のタイトルは杉浦の長年傾聴するゴスペル、R&B、シカゴブルース、ソウルミュージックなど往年のミュージシャンの名前や曲名が付けられており、その音楽のもつ独特の哀愁やスピリッツが絵具によって蓄積され凝縮されているかのようです。また作品の背面にはそのミュージシャンのアルバムジャケットなどをあしらったコラージュ作品がサイン、完成年月日と共に添付されています。

杉浦は遡ること70年代初頭から多くのグループ展への参加はあったものの個展というかたちでの発表の機会は今回が初めてとなります。

先の見えないコロナ禍という状況ではありますが、皆様をお迎えするにあたって万全を期して準備を行いたいと思います。

是非ご高覧のほど、謹んでお願い申し上げます。

redhouse01_web        Red House 2020   Acrylic and sand on wooden panel 271×211×71mm

Redhouse_back                          

07/16

かつまたひでゆき「厨二革命」は8月8日まで予約制にて会期を延長しております!

展覧会のカタログも¥500にて販売中です。

ARCHI HATCH様のご協力にて3Dウォークスルーサイトが出来上がりました!

こちらからどうぞ。

 

katsumata_catalog.jpg

06/12

再開します!

消毒液、マスクをご用意しておりますが、ご不安なこと等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

Unknown

04/09

頃より格別のご愛顧を賜りまして、心よりお礼申し上げます。

かつまたひでゆき「厨二革命」を明日4月10日より5月2日まで開催予定でしたが、昨今の状況をふまえ予約制の公開と致します。お電話もしくは問い合わせフォームからのご連絡をお待ちしております。来月以降可能であれば会期を延長し、通常の営業を行いたいと思いますので、よろしくお願い致します。

一日も早い事態の終息と皆さまの健康と安全を心よりお祈りしております。

 Rock and Roll ほか/22×17.8cm/Acrylic on book paper/2020

 弊ギャラリーで初めてご紹介するかつまたひでゆきは、浮世絵や漫画、曼陀羅を彷彿とさせるその表現力が現在海外の美術館やギャラリー、アートフェスティバルで高い評価を受けているアーティストです。国籍やジャンルを超えたさまざまなコラボレーション、物理的な「旅」とともにある日常から生み出された作品は、“いとうべき現世(=浮世)” を力強く、時にコミカルに表してます。

高校卒業後アパレル業界に就職したかつまたひでゆきは、社長のバンドのフライヤーデザインをきっかけにアートの道へ。日本のハードコアパンクバンドのアルバムジャケット、アメリカのローブローアートやサブカルチャー、バリー・マッギーなどの影響を受けながら、子どもの頃から親しんでいた藤子不二雄、ガンダム、Dr.スランプなどの漫画、浮世絵などと融合させながら、唯一無二の和製ファンタジーを創り出してきました。

スウェーデンのミュージシャン“Little Dragon”のために描き下ろした作品がきっかけとなり、海外での活動を本格的にスタートし、これまでにSao Paulo / Brazil、Oakland /US、Dundee / Scotland、Nantes / France、Amsterdam / Netherlands、Bangkok/ Thailand、Seoul / Korea、Mexico city / Mexico、Taipei / Taiwanなどで作品発表や講演、公開制作等幅広く活動をしています。

制作というよりも開発という概念で、平面作品以外にも映像作品、壁画など自由な形態で表現活動するかつまたひでゆきの、“HANAUTAH”というオリジナルキャラクターは、作品にしばしば登場するほか、LINEステッカーやソフビ、アバター(似顔絵イベント)としても人気です。

本展では、アートフェア東京2020に出展予定だった作品と、昨年より精力的に挑んでいる春画シリーズを含む新作と国内未発表作品を多数展示します。

是非ご高覧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

かつまたひでゆきHIDEYUKI KATSUMATA

東京都出身/在住 1974年生まれ

主な展覧会

Sala Cega Trezeta Musik Sao Paulo, Brazil 2007

Forthrite Oakland, USA 2009

DRAWABLE F.L.A. Gallery Florida, USA 2013

Hand Made Korea Seoul, Korea 2014

BICTION Tokyo 2014

Tropical Sushi Bangkok, Thailand 2014

”2XX1 Parallel Future” Bangkok, Thailand 2015

ASIE RIDERZ Nantes, France 2015

かつまたひでゆき「9キ(⻤奇気危忌稀喜⽣記)展」mograg gallery Tokyo 2015

Young Artists Japan 南洋ギャラリーTokyo 2016

Group Exhibition “川” BLOCK HOUSE Tokyo 2016

USO de HONTOU DCA Dundee Scotland 2016

NAKAMA de ART 帝国ホテルプラザ東京Tokyo 2018

nuranura展2019-北斎春画と現代作家DUB Gallery AKIHABARA Tokyo December 2019

CHOICE28 GROUP EXHIBITON KIT GALLERY Tokyo December 2019

『pop & street – AN ANNUAL 2019』WAG GALLERY Tokyo December 2019

”Muy Edo” exhibition Hotel Selina Mexico February 2020

 

講演

Artist Talk by Hideyuki Katsumata Central Saint Martins London, UK 2015

“TRIMARCHI DG” Mar del Plata, Argentina 2017

 

コラボレーション

Underhanded °¡ Artist Collaboration 2018

SOUL CAMP 2018 at ISETAN 2018

T-Bone and Mad et Len

BONAVENTURA

Little Dragon

CUZ (Sam Dook from The GO! Team and Mike Watt from The Minutemen, fIREHOSE and The Stooges)

Rainbow Arabia

Simone White

Unknown-1Unknown-2Unknown-3

 

03/19

かつまたひでゆき「厨二革命」
アートフェア東京の開催中止に伴い出展予定作品のオンライン展示販売をいたします。
ご興味がありましたら電話かemailかFAXでご連絡ください。
ビデオチャットやプライベートビューイング(事前予約制)も可能ですのでご希望の方はお気軽にお申し付けください。
新型コロナウイルスの先行きがわからない中での大型イベントの中止は、いたしかたないことではありますが、アーティストの作品発表の機会を奪うことなく柔軟にアクティビティを継続できれば幸いです。
またアートフェア東京「AFT Art Hunting」のサイトからでもご覧になれます。
Unknown

01/14

 この度、RED AND BLUE GALLERY では「ディアファネース 天草ミオ 内田ユイ 2人展」を1月25日より開催致します。

neverlethergo_amakusa

天草ミオ「Never let her go 」フィルム紙にアクリル  236×295mm  2019

sotohaame_amakusa

天草ミオ「外は雨 」フィルム紙にアクリル、木枠 332×242mm  2019

 

2016_Scene826(オフィーリア)内田ユイ「Scene:826 オフィーリア」 2016

yuiuchida

内田ユイ「Scene:105 階段を降りる裸体」500×100cm  2017

 

  天草ミオと内田ユイは、いずれも「セル画」を模して、透明なフィルム――ないし、それに類する透明な紙やアクリル板――を支持体とした絵画を制作している。ただし、その目的は、デジタル技術の普及によって廃れた「セル画」それ自体を、芸術として昇華させるとか、失われゆく絵の形式として存続させるといった保守的なものではない。もともと「セル画」においては、キャラクターの動きを簡便に表現するために、透明な膜の “裏側” から彩色したという。これを応用した絵画と向きあうとき、鑑賞者は画面の反対側からイメージを透視することになる。一方、画面に対して作者と観者が同じ側に立つ伝統的な絵画の支持体(キャンバスなど)の場合、その存在は必ずしも意識されず、観念的に “透明” であることも少なくない。両者のあいだを隔てるように懸けられた境界として認識され得る透明な支持体は、むしろイメージの成立に関する具体的な場所なのである。それぞれ異なるアプローチからアニメにおける過去の技法を参照する二人の作品は、“見る” というシステムの背後にある関係について問いなおし、新しい絵画のモードを志向している。(飯盛 希)

 ご高覧の程、宜しくお願い致します。

天草ミオ Mio AMAKUSA

2012 武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻卒業

2014 同大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了

【個展】

2014 SENTIMENTALGAG/新宿眼科画廊,東京

2016 彼女を捕まえるための方法/新宿眼科画廊,東京

2019 her name is/新宿眼科画廊,東京

【グループ展/アーティスト・イン・レジデンス】

2015 小東京☆銀河vol.12/大東京綜合卸売センター,東京

2016 高嶋英男と小東京☆銀河/FETE FUCHU TOKYO,大東京綜合卸売センター,東京

2017 BankART アーティストインレジデンス2017 参加/BankART NYK,神奈川

2017-19 黄金町アーティストインレジデンス参加/黄金町,神奈川

2018 黄金町AIR2017成果展/黄金町,神奈川

2019 群馬青年ビエンナーレ2019 参加/群馬県立近代美術館,群馬

2019 黄金町バザール2019 参加/黄金町,神奈川

【受賞】

2014 武蔵野美術大学卒業・修了制作研究室賞

2019 群馬青年ビエンナーレ2019 入選

 

内田ユイ Yui UCHIDA

2011 女子美術大学芸術学部メディアアート学科卒業

【個展】

2012 「リクビダートル」/The Artcomplex Center of Tokyo・東京

2013 「プール」/The Artcomplex Center of Tokyo・東京

2015 「風と現前のカタストロフ」/新宿眼科画廊・東京

2016 「シーク・ユー」/新宿眼科画廊・東京

【グループ展】

2011 「日常と並列させるために」/ギャラリーKINGYO・東京 「Holiday vol.6」/ギャラリーKINGYO・東京 「Girls Illust Exhibition#14」/The Artcomplex Center of Tokyo・東京「unius」/横浜赤レンガ倉庫1号館・神奈川「女子美スタイル最前線」/横浜BankART studio NYK・神奈川

2012 「Square Graphic art exhibition vol.10 正方形グラフィックスの表現」/RECTO VERSO GALLERY・東京  「ACTチャリティー小品展2012」/The Artcomplex Center of Tokyo・東京

2014 「トランスエフュージョン3〔後期〕」/新宿眼科画廊・東京

2015 「depositors meeting 13」/art & river bank・東京 「KITAJIMA/KOHSUKE #10 ~100年転送~」/シェアスタジオカタ/コンベ・東京  下田ひかり個展「やがてゼロに至る黙示録」ゲスト出展/The Artcomplex Center of Tokyo・東京

2016 「BARRACKOUT/バラックアウト」/旧松田邸・東京  「KITAJIMA/KOHSUKE #13 ~池と怪物~」/シェアスタジオカタ/コンベ・東京  「奥村直樹ノ友達展」/DESK/Okumura・東京

2017 「シブヤスタイルvol.11」/西武渋谷店B館  「女子美助手展2017」/女子美術大学・杉並キャンパス  GINZA 24H SQUAD /旧銀座松崎ビル・東京

 2019 「女子美助手展2019」/女子美術大学・杉並キャンパス  TOKYO2021美術展「un/real engine ―― 慰霊のエンジニアリング」カオス*ラウンジ《東海道五十三童子巡礼図》プロジェクト参加/戸田建設旧ビル・東京   ART FOLDA00「SKIP TRACER」/帝国ホテルプラザMEDEL GALLERY SHU

【受賞】

2011  「Girls Illust Exhibition#14」アートコンプレックスセンター東京 /グランプリ受賞

2016  第一回 坂口恭平賞 受賞

 

 キュレーション 飯盛 希 Mare ISAKARI

1990年生まれ 福岡県出身東京都在住  

専門は美術批評、比較芸術。現在、東京芸術大学大学院 美術研究科 芸術学専攻 博士後期課程

東京大学教養学部 超域文化科学科 卒業

東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学専攻 修了